暮し美容の情報玉手箱@心と体と美容ケンコウ



ケンコウ【健康】

危険な食品添加物@食品添加物を考える



食品の裏側


今、私の家族がこれにはまっています・・・・。

確かに書いてあることは事実なのでしょうから、大いに心配・不安が募ります。

考えてみれば、昔と比べて食品が腐りにくくなったことや、妙に味付けがうまく感じたりすることは度々ありました。

既に読まれた方も大勢いらっしゃると思いますが、読んでいない方のために出版社・著者からのコメントを紹介。

出版社 / 著者からの内容紹介
廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。「殺菌剤」のプールで何度も消毒されるパックサラダ。虫をつぶして染めるハムや健康飲料・・・・・・。
食品添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。「食品製造の舞台裏」は、普通の消費者には知りようがありません。どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、想像することさえできないのが現状です。
本書は、そんな「食品の裏側」を、食品添加物の元トップセールスマンが明した日本ではじめての本です。いま自分の口に入る食品はどうできているのか。添加物の「毒性よりも怖いもの」とは何か。安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っているのか。
本書は、それらを考える最良の1冊になっています。



どうです、これだけでもいかに身近に存在するか分かりますよね。


この本が我が家に来てからというもの、妻は買い物に頭悩ませています。


これまで普通に使っていた食材や調味料がなかなかつかえない・・・。


ケンコウ【健康】を考えると使いたくないけど、時間と手間がかかってくることから、なかなかすんなり「もう使わない」とはいかないようで・・・。

それを考えると「昔の人たちは偉かったのね」と考えてしまいます。

まあ、現代人としてはこれからどういう風に上手に食品添加物と付き合っていけばいいのかを考える必要があること理解いたしました。

食品の裏側



皆さんも食品添加物について考えてみられてはいかが?


暮らしと美容の情報玉手箱





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18600155
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
食品の裏側
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 ↑を読了。 元々食品添?? 物の開発・営業をしていた著者が自分のいままでのお仕事を振り返り、食品添加物との付き合い方を紹介している本...
ブログ名jigelog


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。